民法で定める裁判上の離婚について

★民法第770条(裁判上の離婚)では、

①夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
②裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

と規定されています。

★第一号にある「不貞な行為」とは、配偶者以外と性的な関係をもつこと、すなわち「セックスをともなう浮気」を指しています。「愛情をともなうか」「特定の相手か」「不貞行為の回数」に関係なく、離婚理由になります。

★しかし相手がそれを認めるでしょうか?
相手が浮気を認めず、証拠もない場合、不貞行為は認められず離婚は成立しません。裁判で離婚を勝ち取るには証拠を集める必要があるのです!

 

2017年11月13日