Q:個人情報が他に知られてしまうことはありませんか?

A:探偵業の業務の適正化に関する法律(平成18年法律第60号)第10条(秘密の保持等)第1項において、正当な理由なく、業務上知り得た秘密を漏らしてはならない(探偵業の業務に従事するもので無くなった後においても同じ)事が、また、第2項において、作成又は取得した文書、写真、その他の資料について、不正又は不当な利用を防止するための措置を講じなければならないことが規定されています。

2017年10月20日