盗聴器・盗撮器の調査

盗聴されるケース

 ストーカーが女性を狙うケース、計画的な空き巣の情報収集に利用されるケース、妻・夫・恋人の監視、遺産相続に絡んだ親戚間のトラブル、新規商品開発などの企業情報の入手など、目的は様々です。

意外と身近にある盗聴器

 盗聴器というと、映画やドラマの中で見たことがあるという方がほとんではないでしょうか。ハイテク技術の進歩により、今や超小型で、比較的安価なものが簡単に手に入る時代です。コンセントタイプや時計タイプのものなど、その種類は多く、一目見ただけではその正体が分からないものばかりです。これらの盗聴器等は、年間40万台以上が販売されているというから驚きです。以外にもあなたの近くにも仕掛けられているかも知れません。

盗聴器の怖いところ

 盗聴器により情報が盗まれたり、行動を監視されていることも恐ろしいことですが、それ以上に恐ろしい点は、盗聴器によって入した情報が犯罪に使われている可能性があることです。ストーカー犯罪の計画に使われたり、空き巣犯の情報ツールとして使われたりと、数え上げればきりがありません。

犯罪を未然に防ぐためにも盗聴器の調査を!

以下にあてはまる場合は、今すぐ盗聴器の調査をお勧めします。
 〇 誰かに見られている気がする。
 〇 自分しか知り得ないことを第三者が知っている。
 〇 電話やテレビを見ているときに、ノイズが走る。
怪しいと思ったら今すぐご相談下さい。

盗聴器が発見された場合は

 盗聴器を発見し取り除くことにより、ストーカー被害、空き巣被害やその他の情報漏洩に基づく、各種の問題を解決、あるいは各種の犯罪を未然に防止することができます。
 盗聴器が発見されなかった場合においても、安心して生活する心の余裕ができます。