ストーカー調査

事例1) 身近なストーカーから身を護る方法、教えます。(20代女性)

 勤めていた会社を退職した後、その会社の元同僚からストーカー行為を受けている。警察に届けたのだが、証拠不十分ということで対応してもらえない。証拠を集めたいので調査をお願いしたい。

 ストーカー規制法における、ストーカー行為とは、同一の者に対し、「つきまといなど」と呼ばれる行為を繰り返し行った場合に適用される違法行為です。このため、ストーカー行為を証明するためには「つきまといなど」が繰り返し行われている事実を証明しなければなりません。このケースでは、被害者の女性の携帯電話に、行動を監視しているようなメッセージを録音していたことが最初の証拠となりました。相手の行動を監視しているような脅迫めいた言葉は、「つきまといなど」に該当する行為なのです。また、夜中に女性宅の周りを数時間歩き回っていたことも、証拠として画像に収めることが出来ました。この報告書と証拠をもとに、ストーカーである元同僚を問い詰め、今後はこのような行為は一切行わないことを、書面で誓約させました。その後、元同僚による「つきまといなど」は一切なくなりました。

事例2) 男性ストーカーと女性ストーカーの心理の違いは?(30代男性)

 車に悪戯されたり、捨てたゴミ袋を荒らされたり、夜中に何度も無言電話があること等から、ストーカー行為を受けているのは間違いない。しかし思い当たる節はなく、相手を特定できないので困っている。ストーカーが誰なのか突き止めたい。また、相手が誰であろうと気味が悪いので、ストーカー行為をやめさせたい。

 詳しくお話しを伺い、この男性と過去に関係があった女性3人を調査対象として絞り込みました。この内の1人に夜中の外出等不審な行動が多く、ストーカーの特定はすぐに完了しました。しかしストーカー行為の立証は、「つきまといなど」を繰り返し行っていることを証明しなければなりません。一般に、男性ストーカーの場合ですと「相手の事をもっと知りたい。」「相手の所有物を自分のものにしたい。」というのが動機となることが多いのですが、このケースの場合は、「嫌がらせをして、相手を苦しめたい。」という動機でした。最終的に夜中に男性宅の周りを何度もうろつく様子を映像におさめ、無言電話の履歴を入手し、証拠資料としました。その後、証拠資料を突き付け、話し合いにより今後一切ストーカー行為を行わない旨を書面で誓約させ調査を終了しました。